予約フォーム
    

診療日記

「さらば!男の悩み」診療日記

第63話 余っている包皮がない方、ツートンカラーの方の画期的な傷跡(キズアト)修正手術(包茎手術傷跡修正術画像あり)

他クリニックにて包茎手術をするも、平常時キズ跡が目立ち包茎手術後コンプレックスを抱く方も少なくありません。
また保険診療などで、包茎手術を行い、俗に言うツートンカラーの為、切除による修正手術が困難な方もいます。診療日記第22話32話43話、の様に余っている包皮があれば修正ができますが、そもそも包茎手術とは勃起時に余っている余分な包皮を切除しますので、勃起時の包皮の余りが少ないような患者さんの場合は手術が賢明ではない事をお伝えする場合もあります。
今回はツートンカラーの仕上がりで、尚且つ縫合部が盛り上がり陰茎中央部がデコボコしていた患者さんのキズ跡が簡単な治療により、目立たなくなった症例をご紹介します。
・・・・・ひじょ~に画期的な治療です。しっかりと画像でご確認下さい。・・・・・
天は二物を与えないと言いますが本当でした。ヒーロー戦隊モノに出てくるような20代前半のイケメンです。ここでは名前を赤レンジャーさんにしておきます。
1年程前に保険診療にて包茎手術をしたのですが、写真の様にあからさまにツートンカラーになっています。残念な事に勃起時に余っている包皮がない為、今回切除による修正手術は出来ない事をお伝えしました。










さらに残念な事に包茎手術の際、できた縫合線がデコボコに盛り上がり、よりツートンカラーを際立たせておりました。赤レンジャーさんもツートンカラーを治せない事はご理解頂けておりましたが、できればこのデコボコがなんとかならないのかと頭を抱えておりました。

イボやホクロなどを治療する際に電気メスにて皮膚を削る方法がありますが、デコボコのキズ痕を目立たなくさせるには当院の技術をもってすれば最適な治療と考え、施術しました。










手術直後です。陰茎中央部に白く見える線が、電気メスによる治療痕です。この段階でははっきりとわかります。










手術2週間後の状態です。左右にあった黒いデコボコが完全になくなっています。又、画像ではわかりづらいのですが、外科治療の際縫合時に出来る特有の縦線も消えています。拡大画像です。


治療前


治療後2週間

右側が治療2週間後の状態ですが、日にち薬でさらに綺麗になります。
特に縫ったり切ったりはないので、翌日から包帯を外す事もでき、シャワーもOKです。
擦りむいた状態が乾燥すれば、(術後1週間程度)で性交渉も可能です。

術後痛みもなく。術後管理が楽で、赤レンジャーさんが想像していた以上にキズ痕がキレイになってので、大満足されておりました。

天は二物を与えないと申しますが、人の手によりキズつけられた大切なシンボルを、人の手によりキレイに治しました。大袈裟な言い方かもしれませんが、天が一物を与え、当院が一物(イチモツ)を改善し、B顔、B腹、B話の私にとっては、神になってしまった赤レンジャーさんがとても羨ましく思えました。

【治療のご案内】
包茎手術をしたが、デコボコしたキズ痕が残り目立つ場合、ツートンカラーが気になる場合や勃起時の包皮の余りがなく切除によるキズ跡修正が出来ない場合、縫合部の色素沈着や糸の跡が気になる場合等の治療法です。

●治療名、ブラッシングトリートメント法
デコボコも個人差がありますので、高低差のあるものに関しては複数回の治療が必要な場合もあります。よって3回セットを1クールとします。
今回の赤レンジャーさんの場合は1回の治療でご本人様が満足されましたが、状態によっては1回目の治療後約2週間後に2回目の治療。さらに2週間後に3回目の治療を行う場合もあります。
基本的に1クールで完治を目的とします。

費用1クール¥105,000-です。

投稿者 東京新宿メイルクリニック

最近のブログ記事


大きな地図で見る

住所
〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-1-17 ウィンド北新宿ビル2F(1階がサンクスさん)
最寄り駅
JR中央総武線 大久保駅南口下車
診療時間
火~金 10:00~20:00
土・日・祝 10:00~18:00
月曜休診日

お問い合わせ 詳しくはこちら